若いうちから育毛剤を使って若ハゲ対策

最近若ハゲになるような人が増えてきています。若ハゲというのはまだまだ薄毛になるような年齡じゃないような人まで薄毛になってしまうことで、自分のその中の一人でした。
周りの人たちと比べると髪の毛の量が少なかったですし、おでこなども広いのがかなりのコンプレックスになっていました。なのであまり髪の毛を染めたり、お洒落なヘアスタイルができずにもどかしい学生生活を過ごしていました。
周りの友達はお洒落なヘアスタイルをしたり、髪の毛を金髪や茶髪に染めたりしていたのに、私だけ地味なヘアスタイルをしており、なかなか楽しむことができなかったのを今でも覚えています。
そんな時に若者でも育毛剤を使えば髪の毛を増やすことができるということを聞き、その日から育毛剤を使ってみることにしました。
育毛剤を使うときは、少々戸惑いましたが結構簡単に使うことができて、髪の毛を増毛することにも成功しました。この育毛剤には本当に感謝しています。

頭皮に張っていた余分な膜が取れたような爽快感

以前はいわゆる国内大手メーカーのシャンプーとリンスを使用していましたが、今は石鹸シャンプーと(石鹸シャンプー用の)リンスをセットで使っています。洗髪後から翌日迄の頭皮の感覚がそれまでの通常の洗髪剤とは全く違い、本当に気持ち良くて驚きました。頭皮の毛穴がすーっとする感じです。実は使用のきっかけは自身の育毛ではなく、住んでいた市から自然保護活動の一環で、合成界面活性剤不使用の洗濯洗剤やソープ、石鹸シャンプー・リンスが配布されたことがきっかけでした。ネットや図書などで調べてみると、使い勝手は少し悪い(泡立ちが悪い・泡切れが悪い・香りがイマイチ等)ものの、頭皮や髪の毛には良いとのこと。指の腹を使ってかなり丁寧に洗い流す必要があるため、シャワー代がちょっと増えてしまいますが、頭皮の爽快感だけでなく髪の毛の状態にも満足していますので、数年経った今も続けています。